授業レポート

全国の小学校・中学校・高校の授業にて本教材が取り入れられています。

このページでは、教材『守ろう地球のたからもの〜持続可能な社会をめざして〜豊かな世界遺産編』を使った、実際の授業をご紹介しています。

「1章 文化の多様性と異文化理解について学ぶ」

小千谷市立岩沢小学校(新潟県)
1-1 「世界遺産って何?(日本の世界遺産)」

私立 岐阜聖徳学園高等学校(岐阜県)NEW
1-1 「世界遺産って何?(日本の世界遺産)」

「2章 環境と生物多様性について学ぶ」

岡山市立富山中学校(岡山県)
2-3 「知床の自然保護のためにできることは?してはならないことは?」

「複数の章を扱った学習事例」

「持続可能な社会を目指して」
米子市立淀江中学校(鳥取県)
NEW
1-2 「木の文化」は自然と共生した暮らしの証拠!法隆寺の木造建築に学べ(法隆寺など)
2-3 知床の自然保護のためにできることは?してはならないことは?(知床など)
3-3 自由と平等を求めて!差別を許さない心を育てる(ゴレ島、ロベン島)
4-2 文化と生活を守るため、互いに支え合う人々の新しいつながりを!(フィリピン・コルディリェーラの棚田群)

「生物多様性を考える〜Thinking about a biodiversity〜」
北海道留辺蘂高等学校(北海道)
NEW
1-1 「世界遺産って何?(日本の世界遺産)」
2-1 「気候変動の影響を北極圏と赤道直下の世界遺産から考える(イルリサット、キリマンジャロ)」
2-2 「ガラパゴス諸島の実例から自然遺産の観光地化について話し合う(ガラパゴス諸島・屋久島)」
2-3 「知床の自然保護のためにできることは?してはならないことは?(知床など)」